仕事を探すなら求人サイトを活用しよう

薬剤師やケアマネージャーや医療事務など、医療系の仕事に従事するならば求人サイトを活用することをおすすめします。何故なら、希望にマッチするような求人案件がたくさん掲載されているからです。求人がたくさんあるほど、希望する年収や時給や勤務地などがマッチする案件が見つかりやすいです。

調剤薬局事務と医療事務の違い

仕事場所が違います

調剤薬局事務の主な仕事内容はレセプト作成です。具体的には患者から処方箋を預かり、それをもとに会計と保険請求額を計算します。そして、主な仕事場所は調剤薬局となります。一方医療事務が活躍するのは、病院やクリニックなどです。そこで患者の受付窓口や会計業務、更にはレセプト作成業務を行います。

必要な知識が異なります

医療事務が作成するレセプトは、診察や検査や検査など、1つ1つの処置に対して様々な点数が設定されます。また入院と外来では計算方法が異なるため、医療事務が覚えることはかなり広範囲といわれています。一方調剤薬局事務では、医療行為の中でも調剤や投薬に関する点数に関する知識が必要です。つまり調剤薬局事務の方が、覚える範囲は狭いといえるでしょう。

医療系専用の求人サイトがある

医療系職種の場合、他の職種と比較すると転職が多いといわれています。そのため、転職希望者を対象とした医療系の求人サイトが数多く運営されています。更に医療系求人サイトの中にも、薬剤師や看護師やケアマネージャーなど、各職種に特化した求人サイトが少なくありません。規模の大きな求人サイトでは、全国各地に対応したものがあります。

色々ある医療関係の職種

医療事務

薬の専門家である薬剤師

国家資格を持った薬の専門家である薬剤師。薬剤師は調剤薬局やドラッグストア、病院や製薬会社など働く場所は多岐にわたります。その中で最も身近な存在が、調剤薬局で働く薬剤師かもしれません。調剤薬局の薬剤師は、調剤業務や服薬指導や医薬品の在庫管理などを担当します。人命にかかわる責任の重い仕事ですが、その分やりがいもあります。

レセプト作成だけではない医療事務

医療事務というとレセプト作成をイメージする人が多いですが、その仕事内容は多岐にわたります。例えば外来患者の受付窓口を担当したり、治療費の会計業務などを行ったります。更には、カルテの管理も重要な医療事務の仕事です。ところで、医療事務を担当する事務をメディカルクラークと呼ぶことがあります。

介護職の専門家であるケアマネージャー

介護支援専門員であるケアマネージャー。ケアマネジャーとは、介護ケアを必要とする人やその家族をサポートするお仕事です。具体的には、介護に関する相談に乗ったり、最適なケアが受けられるように提案などをしていきます。介護が必要な人や家族、また介護施設や介護関連の業者の間に立つ人なので、橋渡し役といっても良い存在でしょう。

人気を集めている医療関係のお仕事【医療事務の求人探しのコツ】

履歴書

失敗しない就職や転職のポイント

就職や転職活動を行う前に、自分の中で譲れないポイントを明確にしておくと失敗は減らせます。医療系職種に限らず、世の中には自分の理想をすべて満たす仕事は、残念ながらなかなか存在しません。そのため、就職や転職する際に、給与や休日や仕事へのやりがいなど、自分の中で優先順位をつけておくことをおすすめします。その中でどこまでが譲れて、どこからが譲れないのかをはっきりさせておくと、就職した後にギャップを感じることが少ないです。

広告募集中